愛と涙の開発秘話

第4回
 さて、毎度おなじみ、キャラクター別の開発にまつわる苦労話PART4を紹介していきたいと思います。

 今回は、ナコルル・モリガン・庵・豪鬼の4キャラについての苦労話などを。


 
 
ナコルル


 人気キャラなので、とにかく格好悪くならないように気を使いました。
ただ、人気があるけどスタンダードじゃないので、彼女の存在はおいしかったと思います。

 あと、最初2Pカラーを選択するという話は無かったのですが、「せめてナコルルだけでもワル顔を用意しよう」という話になり、そこから発展して全員2Pカラーを選択できるようになりました。

 あと、ワル版は勝利ゼリフも1Pナコルルとは違いますので注目。

 開発当初はセリフが狂っていて面白かったのですが、没をもらいまして現在のちょっと落ち着いたセリフになっています。


(企画担当:SUPER NOVA)
**********************************************

 麿はナコルルを描いた絵師じゃ。奴の為に残業を余儀なくされ、都に足止めじゃ。
 田舎では愛しい家族が涙ながらに麿の帰りを待っているのじゃ。

 ダッシュするときに、着物をひらひらとなびかすのじゃが、旨く描けなんだ。

 勝ちポーズで、鷹が降りてきて止まる奴があるんじゃが、あれも旨くいかなんだ。
 うまくいかぬ故、麿は来る日も来る日も残業→泊まりじゃ。

 麿は田舎に帰りたい。雁が鳴いてミナミの空へ飛んでいくのじゃ。


(デザイン担当:244)

 
 
モリガン


  「ヴァンパイア」ってゲームが特殊なので、どこまであの異質さを再現できるかって言うのがテーマでした。
 強すぎず、弱すぎず。かといってヴァンパイアの特性を残そうと努力したんですが
 やっぱり強すぎましたね。ごめんね。
(企画担当:SUPER NOVA)


**********************************************

 モリガンはあたしをモデルに作ってみたの。そしたらうまくいったわ。
ただ、ダークネスイリュージョンLV2を決めたときに、一緒に殴ってるのがリリスなのに気付いた人、何人いるかしら・・・。不安だわ。

 え?あなたは気付いた?うれしいわ。チュ。

 クリプティックニードルっていう隠し技を作るのに手間取って、その割には地味だったのがアタシらしくなかったわ。ふんぬッ!


(デザイン担当:NAKAMATA)

 


 庵がいないとこのゲームは成り立たないので、一も二もなく出すことが決定しました。

 かつて「八稚女」は弱かったんですが、今作では波動拳をすり抜けつつHITさせることが出来ます。狙ってね。


(企画担当:SUPER NOVA)

 
豪鬼


 豪鬼は、技が多くて大変でした。あと、瞬獄殺のコマンドを再現出来なかったので悲しいです。あと、言葉遣いがなんだか古風で、勝ちゼリフを作るのがとっても大変でした。
 あと肌に色をつけたらいい感じでした。あと豪鬼はかっこいいのでだいすきです。
 おわり。

(企画担当:SUPER NOVA)


**********************************************

 ギャハハハ!ヘイ!ベイヴィ!豪鬼を愛してるかい?
 アイツは俺のポリシーだが、夕食にいつも食べるカレーとどっちが好きかって言われるとこまるぜ。

 奴は瞬獄殺って技をブチ込むと後ろに「天」の字が現れるんだが、諸事情でちいせえ字になっちまってSO BAD!

 まぁ、それも人生だ。気楽にな。


(デザイン担当:CURRY)

愛と涙の開発秘話TOPへ